メインイメージ

 

省エネがわかる3つのプロセス

省エネ対策でコスト削減を達成!!

 

でも、どうやって?

 

省エネでコスト削減を効果的に達成するには、

次の3つのプロセスを行うことです。

 

 

運用改善で省エネ

今すぐできる、はじめの一歩。

長引く不況に伴い大きな設備投資を必要としない省エネ対策への関心が高まっています。設備機器の使用ルールを決定し確実な運用を徹底するといった運用改善による省エネを行うだけで高い効果が得られます。

また全社員、一丸となって、どうやったらコスト削減を達成できるかを真剣に検討することにより、社員の皆様のコスト意識改革に直結するのも大きなポイントです。

 

 運用改善省エネ 成功のポイント

効果の見えない省エネは継続が困難なため、より効果が見える省エネ対策の選定が大事です。

 

 

少額投資で省エネ!

省エネを一気に加速。

運用改善による省エネ対策を一気に加速させるには、メンテナンスやチューニングといった機器をより効率用に使用することを目的とした、少額投資の省エネ対策をお勧めします。たとえば、照明点滅範囲の変更や消し忘れ防止となる人感センサーの設置、空調効率をアップする熱反射ウインドウフィルムの貼り付けなど、少ない投資で大きな効果を生む省エネ投資をおこないます。

 

 少額投資省エネ 成功のポイント

投資金額が少ない分、効果的なモノと、そうでないモノの差が非常に大きいのが少額投資省エネです。しっかりとした調査分析の上手な方法を選定しましょう。

 

 

設備更新で省エネ!

数年単位でしっかりと省エネする。

照明器具やエアコンなどの設備機器が古く、耐用年数を超えていたり、使い勝手に不都合な部分があれば、設備更新のチャンスです。

15年前の機器を最新の省エネ機器に更新すると効果的なモノでは60~80%省エネになります。

また、昨今の地球温暖化問題などにより、様々な補助金や優遇税制が整備されていますので、賢く選択し高い効果を実現する設構更新をおこないましょう。

 

 設備更新省エネ 成功のポイント

投資金額が大きい分、大幅な省エネができます。しかし、しっかりとした調査分析を行って最適な更新機器を選択しないと投資効果を最大限に発揮することができません。

設備更新をお考えの際はメーカーやエネルギー供給会社ではない、中立の立場で判断できる専門家の意見を参考にすることをお勧めします。

また、各種補助金とのマッチング、申請代行も承ります。

 

 

 

 

 

省エネ・エコの株式会社ビクトル
Copyright© 2012 LED・節電・省エネ・コスト削減の株式会社ビクトル All Rights Reserved.
株式会社ビクトルは富山の省エネ・節電・エコを支える会社です。LEDや省エネ診断を承ります。
[PR]富山の企業仲間です!苔のHappyMoss  省エネ・断熱のH-EFFECT  カラス被害撃退グッズ  家を建てる  家の間取り